好好学习,天天向上,学习去吧!
当前位置:首页 >  中考 >  答题技巧 > 内容页

吉林雾凇导游词

2022-05-28 15:44:44答题技巧访问手机版798

吉林雾凇导游词13篇

  作为一名具备丰富知识的导游,很有必要精心设计一份导游词,导游词是讲解当地的基本情况,介绍风土人情的文章。导游词应该怎么写才好呢?下面是小编为大家整理的吉林雾凇导游词,仅供参考,希望能够帮助到大家。

吉林雾凇导游词13篇

吉林雾凇导游词1

  観光客の皆様、こんにちは、まずは皆様のご来訪を心から歓迎いたします。今日は光栄にもガイドとして吉林樹氷を見学させていただきます。

  四大自然の奇観

  吉林樹氷はその「冬の春」のような詩情画意の美で、銭塘の潮湧、泰山の日の出と黄山の雲霧とともに中国四大気象景観を称します。真冬の時、北国の大地が万木不況の時、東北の吉林市に入ると、不思議で美しい風景が見られます。松花江の堤防に沿って眺めていくと、松柳は霜を作って雪をつるし、黛玉は銀を羽織って、白雲のように、雪波を並べて、とても壮観です。これは人々に「樹氷」と呼ばれる奇観です。

  種類、形成条件

  樹氷の通称は樹氷で、霧気と水蒸気が冷遇されて枝葉に凝結する氷晶で、粒状と結晶状の2種類に分けられます。粒状の樹氷の構造は緊密で、一粒の小さな氷を形成して、結晶状の樹氷の構造は比較的に緩んで、わりに大きい片状を呈します。吉林の樹氷は結晶状に属しています。それは必ず水蒸気があって、気温は零下25℃以下で、風力は3級の天気の中でようやく形成することができて、吉林市の独特な地理環境はちょうど霧氷の温床です。

  形成の原理

  吉林市街区から松花江にさかのぼると15キロは豊満水力発電所で、ダムの上流は平均水深70メートルの松花湖で、冬の松花江湖から流出した江水は4℃にもなり、大きな熱エネルギーを積んで、松花江の数十里が凍らない奇境を形成しています。水面からわき出して水気を立て、川全体に霧が立ちこめて、久しく消えない。川沿いの長い堤防、青々とした松が林立し、柳が低く垂れ、一定の気圧、温度、風向きなどの条件の下で川面の蒸散の武器が凝縮されて樹氷になりました。

  11月中旬から始まります

  毎年11月中旬から、吉林市は冬に入り、樹氷が登場し始めます。特に降雪量が多く、寒い年には樹氷の出現回数も多くなります。

  名前の由来

  中国は世界で樹氷の最も早い国家を記録するので、千百年来我が国の古代人はとても早く樹氷に対して多くの呼び方と称賛がありました。春と秋には「木稼」に関する記録があり、「樹介」というものもあります。今でいう「樹氷」です。樹氷という言葉は一番早く南北朝時代に現れました。宋?呂意の編纂した字林の中で、寒気が凍って珠見日光のように消えます。これは1500年以上前に文献に記載されている樹氷という言葉です。最も玄妙なのは、夢からの呼び名だ。宋末の黄震は「黄氏の日札」の中で、当時の民間は樹氷を夢のために送ると言いました。つまり彼女は夜の人々が眠りの中で天公から送ってきたのです。

  クリーン機能

  人々は樹氷を鑑賞する時、空気が特別に清新で心地良くて、肺腑を潤すことを感じることができます。これは樹氷が空気を浄化する固有の機能があるからです。空気中に大量の微細ほこりがあり、人の健康を害する。樹氷はこれらの微塵を吸着して空気を浄化することができて、そのため、吉林樹氷は外観の上で真っ白で傷がないだけではなくて、人に清浄で上品な風貌をあげて、その上まだ天然の大面積の“空気の掃除器”です。

  江沢民は199.1998を讃えます。

  樹氷が訪れるたびに、吉林市松花江岸十里には柳の木が銀花を結び、松が銀菊をほころび、人々を詩のような仙境に連れて行きます。江沢民同志は1991年に吉林市の視察期間に樹氷の奇観に会い、喜んで筆を執って、「寒江雪柳、玉樹瓊花、吉林樹掛、名実相伴うところがない」という文を書きました。1998年にまた詩を授けて言っています。天の栄華をなめ尽くして、世の中のすべてのことが辛いです。」

  三つの段階

  樹氷を観賞して、主に3つの時間帯に分けて、つまり夜は霧を見て、朝は掛かりを見て、近くの午まで落花を観賞します。

  夜見霧

  夜に霧を見ると、樹氷が形成される前夜に川に現れる霧を見ることができます。夜十時ごろ、松花江では初めから続いて霧がかかりました。だんだん大きくなってきました。ますます濃くなりました。大団の白霧が川の面からもくもくと立ち上り、絶えず両岸に流れています。樹氷は低温時に過冷却霧滴が凍結したり、空気中の水蒸気が直接的に地面の物体に凝結している氷結物で、木の枝や電線や景物の突出した部位に多く付着しています。

  それは白色あるいは乳白色を呈して、無数の重さの重なる小さい氷の玉あるいは小さい氷の結晶から構成します。針状結晶氷または樹氷に分けることができます。針状の氷は水蒸気が物体の表面で凝華して形成され、多くはそよ風があって寒い天気に現れ、枝状の白い結晶である。密度が小さくて、構造がばらばらで、少し振動すれば脱落します。粒氷は過冷却の霧から物体に付着して急速に凍結して形成されます。色は乳白で、外見は粗くて、内部の粒状構造ははっきりと見分けられます。大部分が風に当たる方向に成長します。霧、微寒、風のある天気で、樹氷がよくできます。

  朝は留守番をする

  朝は掛けを見ます。早起きして木のつるを見ます。十里の川の堤は黒々として森の木々が一夜にして一面の銀白色になった。ケシのヤナギはまるで玉の枝のように垂れ下がっており,群がっている松の針はまるで銀の菊のように咲き乱れ,きらきらと透明である。冬になってから、一晩の間に吉林市松花江の辺の十里の堤が玉樹瓊枝に満つ時、頭の中にはこの言葉しかないようです。確かに、それを使って吉林樹氷を形容するのは更に適切です。樹氷は大自然の中でよく見られる現象です。たくさんのところでその姿が見られます。なぜ吉林市の樹氷の名前がこのように響くのですか?

  もともとここの樹氷の厚さは40~60ミリに達し、通常5~10ミリの普通樹氷をはるかに超えています。当地の長年の観測データによると、吉林樹氷は樹氷の中で最も厚みがあり、密度が一番低く、構造が最も緩い毛茸形の結晶状樹氷で、樹氷家族の中で最もまれな品種です。

  昼下がりに花を見に行く

  昼近くに花を見に行くと、木が落ちた時のことです。一般的には午前10時ごろには、木の飾りが一枚ずつ落ち始め、続いて列になって降りてきます。そよ風に吹かれて落ちた銀片が空に舞っています。明るい陽光が上に照り映え、空には色とりどりの雪のカーテンが形成されています。

  樹氷島

  皆さん、吉林市内を除いて、樹氷島も樹氷を観賞するいいところです。樹氷島は松花江から吉林市北流に35キロのところにあります。島の周囲の川の辺で、多くの百年の古い楡の木と柳を持っていて、樹氷をかけた後に千姿百態で、吉林市の樹氷より更に古風で質朴で更に自然です。美しい樹氷と一緒に写真を撮ってください。

吉林雾凇导游词2

  雾凇岛位于吉林市北部30多公里处的乌拉街满族镇,它是松花江上冲击而成的江中小岛,是中国最著名的雾凇观赏胜地。吉林雾淞与桂林山水、云南石林、长江三峡同称为中国四大自然奇观。雾凇岛的雾凇多而美,是常能拍出风光大片的摄影胜地。每到寒冬,不冻的江水中升腾的水雾遇冷,在树上凝结为霜花,从远处看正是传说中的玉树琼花,美不胜言。

  雾凇本是可遇不可求的自然奇观,但雾凇岛能看到雾凇的概率较高,尤其是每年12月中下旬至次年2月底,是最佳时节。但形成雾凇需满足特定的天气条件,建议通过吉林旅游局的微博来关注天气情况,通常如有降中到大雪、气温又在零下20度以下,出现雾凇的可能性就很大。

  从岸边需坐摆渡船上岛,每人60元的费用相当于上岛费和往返船票。岛上的曾通屯是欣赏雾淞的最佳去处,这里树形奇特,沿江那些挂满了霜花的垂柳,在江风吹拂下银丝闪烁。如果想来感受一下雾凇之美,可以坐一大早的车从吉林市过来,9-11点间最适合观赏雾凇,然后下午返回,一天就够了。不过若是时间充裕,还是建议在这儿住一两晚,傍晚可以拍日落,第二天则可以早起看日出,然后接着拍雾凇。此外,雾凇岛对岸的韩屯也是不错的观赏雾凇之处。

  住宿可以选择住雾凇岛上的曾通屯,或者韩屯,都是当地农家提供的火炕通铺,一般是每人100-150元包吃住。当地的菜肴是常见的东北农家菜,酸菜扣肉味道不错。冬季的雾凇岛非常冷,一般有零下20-30度,一定要穿厚实的羽绒服和高帮防滑的雪地鞋,而棉帽、口罩、滑雪手套、围巾则一个都不能少,偶尔来东北的南方游客,出门前可在内衣外贴几张暖宝宝。

吉林雾凇导游词3

  皆さん、おはようございます。昨夜は休んでいましたが、大丈夫ですか?今日は私達みんな自分の幸せを頼りに運をもたらしてくれました。何日ぶりかの樹氷が今朝も枝いっぱいになりました。耳で聞くのは虚で、目で見るのは事実です。今は十里の川の堤防に行って中国四大自然の奇跡の一つである吉林樹氷を観賞しましょう。私たちが泊まっているホテルから十里江堤までは十分ぐらいの道のりがあります。まず樹氷の形成を紹介させていただきます。

  吉林樹氷はその「冬の春」のような詩情画意の美しさで、桂林山水、雲南石林、長江三峡とともに中国四大自然奇観と呼ばれ、また黄山雲海、泰山の日の出、銭塘の潮と並んで中国四大気象奇観となっています。吉林では、私達は樹氷を「樹掛」と呼びます。霧と水蒸気が凍って結ばれた一種の気象景観で、粒状、結晶状の2種類があります。吉林樹氷は結晶類に属しています。水蒸気、気温-25℃以下、三級風以上の天気でないと形成できません。形成の条件が厳しいからこそ、中国の四大自然の奇跡の一つに数えられます。ここのある団友が聞きたいのですが、なぜ吉林市でこんなに大規模で素晴らしい樹氷奇観が形成されたのですか?これは私達吉林市に東北三省の唯一の冬に凍らない川――松花江があるからです。

  えっと、その団友が聞きました。「ハルピンから来たばかりです。なぜ松花江は氷結しているのですか?」これは吉林市から松花江に沿って15キロをさかのぼると、有名な豊満水力発電所です。冬になると、大きな水力発電ユニットを通じて、水温が上がって暖かくなり、4度ぐらいに保たれています。鏡ですが、湖の下の川は巨大な熱を持っています。市内を流れて何十キロも凍らないです。大量の水蒸気はこの不凍の川面から蒸発して、冷気に遭って、めったに見られない奇跡的な冬の濃い霧を形成して、水気は霧の息を借りて飄々と撒き散らして、適時の自然条件の下で江両岸の蒼松、垂柳の上で凝結して、世界的に有名な樹氷の奇観を形成しました。

  注意深い団友が発見しました。今日は道の両側の木と昨日の木が違っています。昨日は黒い木の皮を露出していましたが、今日はもう白い木になりました。そうです。これは樹立です。ただ市内の霧が少ないので、木には薄い層だけがかかっています。ある団体の友達はすでにいらいらしていますか?すぐに川に行きたいです。朝のある団友たちはなぜ夜が明けたばかりなのかと聞きました。これは美しい樹氷が毎日出現するのではなく、観賞も三つの段階に分けられています。

  「夜見霧」は樹氷形成の前夜に江上の霧を見たものです。夜10時過ぎ、川の面から続いて霧が立ち始めました。ますます激しくなり、ますます濃くなりました。あの大団の白霧は川の上からもくもくと立ち上り、川の両岸に漂流しています。ある霧は延々と続く細かい砂のように、古い木に絡みついています。ある樹氷は白い雲のように空に浮かんで動かないでいます。もっと多い霧は綿の団のように、高くて高い綿の山を登り続けています。この時の松江中路は深い霧の中に包まれています。高いビルが霧の中に見えたり隠れたりして、照明もばらばらになり、まるで九天の上の空の中に身を置いているようです。冬の霧が江城に立ちこめているのも、北国の奇観である。

  「朝は木を見る」というのは、早起きして木を見ることです。大きな霧が絶えず木に付着して、一晩の間に、目の前の木々は一面の銀色の樹海になります。ケケの柳は玉の枝のようにぶら下がっています。群集の松の針は銀の菊のように満開になります。樹氷は民間で「夢送」という美名があります。人々はまだ眠っているという意味で、空一面の真っ白な梨の花を届けてきました。唐の詩人岑参が言ったように、「一夜にして春風が吹いてきて、千樹万樹の梨の花が咲く。」

  早起きすると、今日の天気はとても晴れていて、空気もとてもきれいだと感じられます。これはたぶん霧の中の水の流れが空気の浄化に役立っていますので、朝早くに皆さんに綺麗な木の掛け軸を見に来てもらいました。ついでにこの新鮮な空気を吸ってもいいです。

  多くの国内外の観光客が木の掛け軸を見て、その美しさを賛嘆しました。1990年1月9日、当時の江沢民主席が吉林市を視察に来た時、吉林樹氷を観賞した後、「寒江雪柳、玉樹瓊花、吉林樹掛、名実相伴うところがない」と称賛しました。

  樹氷は美しいですが、数時間しか維持できません。「昼下がりに花を見に行く」というのは、樹氷が落ちた時の様子です。普通は午前10時ごろから、木の切り株が一枚ずつ落ちてきて、続いて木が連なって落下します。そよ風が吹いて落ちる銀の切れが空中で飛び始める時に、明るい麗しい日光は上まで照らして、空の背景はとりわけ青いです。この時松江の道を歩いて、日光の下で、青空の白い雪は翻って撒き散らして、人々は木に任せて片片ずつ頭の上で下ろして、雪のカーテンを通して松花江の奔流を眺めて練習のようです、建てた高層ビル、流動のカラーカーとアパレルの鮮やかな遊覧客はとりわけ清新な精神に見えて、冬の中に見たの分明は1枚のナシの花のちらつく春の絵です。

  はい、こんなに多く話しました。私達も樹氷を観賞する一番いいところの松江中路に着きます。帽子と手袋を持って、私と一緒にこの美しい樹氷の景観に近づいてください。皆さんはあなた達のカメラを持ち上げて、この樹氷の美しい景色を撮影して、あなた達の記憶の中に残して、樹氷の奇観が吉林のだけではないため、同時に中国に属して、世界のに属します。

吉林雾凇导游词4

  女士们先生们:大家好!

  欢迎您走进阳光,走进大自然。来到北国江城参观凇情雪韵,我是@@导游社的导游,我叫赵银芝,请大家叫我赵导、老赵、小赵都可以,怎么顺口就怎么称呼吧,我很高兴和大家相识,今天我会尽全力为大家提供优良的导游服务,希望大家有的尽兴,玩的开心!

  今天我们大家靠着自己的福气为自己带来了运气,几日未见的雾凇今天早上有挂满了枝头。

  吉林雾凇以其“冬天里的春天”般诗情画意的美,同桂林山水、云南石林、长江三峡一起被誉为中国四大自然奇观。我们通称“树挂”,是雾气和水汽遇冷凝聚在枝叶上的冰晶,分为粒状和晶状两种。吉林的雾凇就属于晶状。它必须在有水汽、温度—25度以下、不大于三级风的天气里才能自然形成的,正因为形成的条件如此苛刻,才被列为中国的四大自然景观之一。

  从吉林市区沿松花江而上15公里是丰满水电站,冬季江水通过水轮机组,水温升高变热,每到数九隆冬从水轮机组流出的水仍有4℃,江水载着具大的热能,形成了松花江几十里缓缓流经市区不冻的奇境。从水面源源不断地蒸发出水气,整个江面白雾腾腾,久不消散。沿江长堤,苍松林立,杨柳低垂,在江面上蒸腾的雾气遇冷形成了举世闻名的雾凇景观。

  观赏雾凇,讲究的是在“夜看雾,晨看挂,待到近午赏落花”。

  “夜看雾”,是在雾凇形成的前夜观看江上出现的雾景。大约在夜里十点多钟,松花江上开始有缕缕雾气,继而越来越大,越来越浓,大团大团的白雾从江面滚滚而起,不停地向两岸漂流冬雾弥漫江城,也是北国一大奇景。

  “晨看挂”是早起看树挂。十里江堤黑森森的树木,一夜之间变成一片银白。棵棵杨柳宛若玉枝垂挂,簇簇松针恰似银菊怒放,晶莹多姿。江风吹过,银针闪烁,玉菊摇曳。

  雾凇在民间还有一个“送梦”的美名。意思是说人们还在睡梦中,天老爷便送来了漫天洁白无瑕晶莹梨花。正如唐朝诗人岑参诗歌《白雪歌送武判官归京》两句诗:忽如一夜春风来,千树万树梨花开。

  “待到近午赏落花”,是说树挂脱落时的情景。一般在上午10时左右,树挂开始一片一片脱落,接着是成串成串地往下滑落,微风吹起脱落的银片在空中飞舞,明丽的阳光照映到上面,空中形成了五颜六色的雪帘。冬日里看到的分明是一幅梨花纷飞的图画。

  传说很早以前,松花江边有一位老妈妈,丈夫死得早,她抚养三个女儿,过日子含辛茹苦,没黑没白的苦干,挣钱养活子,光阴流逝,三个女儿渐渐长大,纷纷嫁出家门,三个女儿出嫁后,孤苦冷清,年弱体迈的老妈妈干不动活,只好轮流到三个女儿家生活,可是三个女儿不孝,象推皮球一样把老妈妈推来推往,且没好招待,一天在大女儿,二女儿赶往三女儿家的路上,冷风咆哮,老妈妈愈想愈伤心,白发和眼泪随着风飘扬,挂在树上凝聚成冰,形成一条条树挂,人们看着一片片银枝条,不禁想起老妈妈的满头银发,更增加对不孝女儿的恨。

  游客朋友们,简短的行程即将结束,忽如一夜春风来,千树万树梨花开的雾凇会让您过目不忘,而五颜六色的纷纷“落花”,则更令人流连忘返。散是聚的伊始,愿我们在一次重相逢在这片玉树琼枝、银装素裹世界,再次走进大自然。吉林雾凇以其热情、宽广的胸襟迎接着海内外各界朋友的到来!

  谢谢各位对我工作的支持与配合,希望您多我的工作提出宝贵的意见和建议,最后祝各位一切顺利!

吉林雾凇导游词5

  【问候语】

  各位游客大家好,首先对各位的到来表示最衷心的欢迎。今天我将荣幸的作为导游带领各位去参观吉林雾凇。

  【四大自然奇观】

  隆冬时节,北国大地千里冰封,白雪皑皑,但是在吉林市,人们通常会邂逅童话般的美景。那就是与黄山云海、泰山日出、钱塘潮涌并成为中国四大自然奇景的吉林雾凇(一说版本是桂林山水、云南石林、长江三峡)。昨夜十里长堤还在寒风中摇曳,今天却“忽如一夜春”一夜之间,松花江两岸的江堤上就变成了一个梦幻般的世界。

  【种类、形成条件】

  雾凇通称树挂,我国是世界上最早记载雾凇的国家。早在公元前,《春秋》一书中就有雾凇记载,称为“树稼”;南北朝时《字林》解释为“寒气结冰如珠,寒气结冰如珠,见晛(xiàn)乃消,齐鲁谓之雾凇", 这是早在1500多年前出现的“雾凇”一词。 以后又有多种叫法,都是指雾凇。

  【形成原理】

  那么吉林雾凇是怎么样形成的呢?接下来就给朋友们介绍下雾凇的形成原因

  从吉林市区溯江而上是著名的丰满水电站,大坝以上,是著名的国家级风景名胜区松花湖。每到冬天,尽管松花湖湖面一抹如镜,但是在冰层下方几十米的水域。仍能保持在4℃.湖水从水轮机中流出,水温和地面温度经常在30℃左右,形成了松花江几十里不冻的景象。从水面源源不断地蒸发出水气,整个江面雾气腾腾,久不消散。在一定温度、风向等条件作用下雾气遇冷就凝成了雾凇。

  【观赏三个阶段】

  观赏雾凇,主要分为三个时段,即夜看雾,晨看挂,待到近午赏落花 。

  【夜看雾】

  夜看雾,是指在雾凇形成的前夜观看江上出现的雾景。大约在夜里十点多,松花江上开始有缕缕雾气,继而越来越大,越来越浓,大团大团的白雾从江面滚滚而起,不停地向两岸涌去。霓虹流转的亭台楼阁岸在雾气的笼罩下变得扑朔迷离。

  【晨看挂】

  晨看挂,是早起看树挂。当冬日的太阳冉冉升起,松花江两岸的十里江堤都挂满了雾凇 。一株株,一串串,一条条。把人们带入了一个童话般的世界,美不胜收。

  1991年1月9日来吉林市视察,在观赏雾凇时,咏诗四句。 “寒江雪柳,玉树琼花,吉林树挂,名不虚传”之句

  【待到近午赏落花】

  那么待到近午赏落花呢?

  是说观赏雾凇脱落时的情景。一般在上午9点以后,在阳光、微风的作用下,雾凇开始一片一片脱落,接着是成串成串地往下滑落,纷飞的雾凇落到人们的肩上,别有一番风味。

  【清洁功能】

  雾凇不仅给人以美的感受,同时它还具有许多独特的功能

  人们在欣赏雾凇时,都会感到空气格外清新,这是因为雾凇。。。空气中存有大量微尘,起到净化空气的作用。

  雾凇还具有城市消音器的作用。这是因为雾凇的晶体结构晶状体结构疏松、密度较小。对音波反射率很低,所以能起到消音器的作用,为喧嚣的城市添了一份安静

  【雾凇岛】

  在吉林有一个著名的雾凇观赏区——雾凇岛。雾凇岛位于吉林市龙潭区乌拉街满族镇韩屯村,距市区30多Km ,小岛四周环水,是一个天然的岛屿。由于特殊的地理位置,冬天的雾凇岛美的自然,离远望去,像是一个含情默默的少女从迷雾中走来。特殊的地理位置加上迷人的景色每年雾凇岛都吸引大批的摄影爱好者来此拍照。

  雾凇岛的韩屯村是一个满族的村落,岛上居民在此生活了300多年,至今还有很多满式的院落,“地窖子”“东北三大怪”等无一不显示着这个村落悠久历史

  雾凇岛的雾凇一般在下午3点以后飘落,玩累的人们可以坐在东北火炕上,品尝着传统火锅美食,很是潇洒自在。

  【近年取得成绩】

  从1991年起,吉林市政务以雾凇美景为载体,举办“中国吉林国际雾凇冰雪节”。1995年,第五届“中国吉林国际雾凇冰雪节”制作的一套两枚中国吉林雾凇邮票,现已在全世界100多个国家和地区发行,同时以雾凇为主的题的书法、摄影、冬季赛龙舟等为雾凇冰雪节增添了许多文化内涵。

  【结束语】

  观雾凇奇景,赏民族风情,品尝风味美食,与满族人载歌载舞一定会让您不虚此行,好了,各位游客朋友们,我的解说到此告一段。

吉林雾凇导游词6

  各位游客,大家好!

  首先对各位的到来表示最衷心的欢迎。今天我将荣幸的作为导游带领各位去参观吉林雾凇。

  四大自然奇观

  吉林雾凇以其“冬天里的春天”般诗情画意的美,同钱塘潮涌、泰山日出和黄山云雾并称中国四大气象景观。隆冬时节,当北国大地万木萧条的时候,走进东北的吉林市,你却会看到一道神奇而美丽的风景。沿着松花江的堤岸望去,松柳凝霜挂雪,黛玉披银,如朵朵白云,排排雪浪,十分壮观。这就是被人们称为“雾凇”的奇观。

  种类、形成条件

  雾凇通称树挂,是雾气和水汽遇冷凝结在枝叶上的冰晶,分为粒状和晶状两种。粒状雾凇结构紧密,形成一粒粒很小的冰块,而晶状雾凇结构比较松散,呈较大的片状。吉林的雾凇就属于晶状。它必须在有水汽、气温零下25摄氏度以下、风力不超过3级的天气里才能形成,而吉林市独特的地理环境恰恰是雾凇的温床。

  形成原理

  从吉林市区溯松花江而上15公里是丰满水电站,大坝上游是平均水深70米的松花湖,数九隆冬松花江湖流出的江水仍有4℃,江水载着巨大的热能,形成了松花江几十里不冻的奇境。从水面源源不断地蒸发出水气,整个江面雾气腾腾,久不消散。沿江长堤,苍松林立,杨柳低垂,在一定气压、温度、风向等条件作用下江面上蒸腾的武器遇冷凝成了雾凇。

  11月中旬开始

  每年从11月中旬开始,吉林市就进入冬季,雾凇便开始登场亮相,尤其是每当降雪量大、天气寒冷的年份,雾凇出现的次数也就越多。

  名字由来

  中国是世界上记载雾凇最早的国家,千百年来我我国古代人很早就对雾凇有了许多称呼和赞美。春秋上就有关于“树稼”的记载,也有的叫“树介”,就是现在所称的“雾凇”。雾凇一词最早出现于南北朝时代,宋·吕忱(chén)所编的字林里,其解释为:寒气结冰如珠见日光乃消,齐鲁谓之雾凇。这是1500多年前最早见于文献记载的雾凇一词。而最玄妙的当属梦送这一称呼。宋末黄震在<黄氏日钞>中说,当时民间称雾凇为梦送,意思是说她是夜间人们在睡梦中天公送来的。

  清洁功能

  人们在欣赏雾凇时,都会感到空气格外清新舒爽、滋润肺腑,这是因为雾凇有净化空气的内在功能。空气中存有大量微尘,危害人的健康。雾凇能吸附这些微尘净化空气,因此,吉林雾凇不仅在外观上洁白无瑕,给人以纯洁高雅的风貌,而且还是天然大面积的“空气清洁器”。

  江泽民赞颂1991.1998

  每当雾凇来临,吉林市松花江岸十里长堤柳树结银花,松树绽银菊,把人们带进如诗如画的仙境。江泽民同志1991年在吉林市视察期间恰逢雾凇奇景,欣然命笔,写下“寒江雪柳,玉树琼花,吉林树挂,名不虚传”之句。1998年又赋诗曰:“寒江雪柳日新晴,玉树琼花满目春。历尽天华成此景,人间万事出艰辛。”

  三个阶段

  观赏雾凇,主要分为三个时段,即夜看雾,晨看挂,待到近午赏落花。

  夜看雾

  夜看雾,是在雾凇形成的前夜观看江上出现的雾景。大约在夜里十点多,松花江上开始有缕缕雾气,继而越来越大,越来越浓,大团大团的白雾从江面滚滚而起,不停地向两岸飘流。雾凇是低温时过冷雾滴冻结或空气中的水汽直接凝华在地面物体上的冰晶物,多附着在树枝、电线或景物的突出部位,也叫树挂或冰花。

  它呈白色或乳白色,由无数重重叠叠的小冰球或小冰晶组成。可分为针状晶凇或粒凇。针状晶凇由水汽在物体表面凝华而形成,多出现在有微风且寒冷的天气,为枝状白色晶体。密度小,结构松散,稍有震动便会脱落;粒凇由过冷雾滴附着在物体上迅速冻结而形成,颜色乳白,外表粗糙,内部粒状结构清晰可辨,大多朝着迎风方向增长。在浓雾、微寒、有风的天气状况下,经常会形成雾凇。

吉林雾凇导游词7

  樹氷島は吉林市北部30キロ以上のところにある烏拉街満族鎮にあります。松花江の上に衝撃を受けてできた江中の小島です。中国で一番有名な樹氷観賞名所です。吉林霧淞は桂林山水、雲南石林、長江三峡と同じく中国四大自然奇観と呼ばれています。樹氷島の樹氷は多くて美しいです。常に風景を撮影することができます。寒い冬になると、凍らない川の水の中で沸き上がる水煙が冷遇され、木に霜の花が凝結しています。遠くから見ると、まさに伝説の玉樹の寒花です。美しいと言っても過言ではありません。

  樹氷は元来求められない自然の奇観に出会うことができますが、樹氷島は樹氷の確率が高いことが見られます。特に毎年12月中下旬から翌年2月末までは、最適な時期です。樹氷を形成するには、特定の気象条件を満たす必要があります。吉林観光局の微博を通じて(http://weibo.com/u/2061847537)天気に注目してみると、通常大雪が降って、気温が零下20度以下になると樹氷の可能性が高いです。

  岸辺からフェリーに乗って島に行きます。一人60元の費用は上島料と往復乗船券に相当します。島の曽通屯は霧淞を鑑賞する一番いいところです。ここは樹形が独特で、川沿いに霜の花をいっぱいかけた枝垂れ柳が川の風に吹かれて銀糸が輝いています。樹氷の美しさを感じたいなら、朝一番の車で吉林市から来てもいいです。9-11時の間に樹氷を観賞するのに一番適しています。でも、時間が余裕があれば、ここで一泊か二晩泊まることを勧めます。夕方には日の入りができます。翌日は早起きして日の出を見て、樹氷を撮ります。また、樹氷島の対岸にある韓屯も樹氷を観賞するところです。

  宿泊は樹氷島の曽通屯、或いは韓屯を選択できます。地元の農家が提供するオンドルの全店です。普通は一人当たり100~150元です。地元の料理はよくある東北の農家の料理です。冬の樹氷島はとても寒くて、普通は零下20-30度があって、きっと厚い羽毛ジャケットと滑り止めの高い雪靴を着なければなりません。綿帽子、マスク、スキー手袋、マフラーは一つも欠かせません。

吉林雾凇导游词8

  各位团友早上好,昨夜休息的还好吧?今天我们大家靠自己的福气为自己带来了运气,几日未见的雾凇今天早上又挂满了枝头。耳听为虚,眼见为实,现在就让我们到十里江堤去观赏中国四大自然奇迹之一的吉林雾凇吧。从我们下榻的酒店到十里江堤大约有十分钟的路程,先让我给大家介绍一下雾凇的形成。

  吉林雾凇以其“冬天里的春天”般诗情画意的美,同桂林山水、云南石林、长江三峡并称为中国四大自然奇观;又与黄山云海、泰山日出、钱塘潮涌并列为中国四大气象奇观。在吉林,我们通常叫雾凇为“树挂”,它是雾和水汽遇冷结冰而结成的一种气象景观,分粒状、晶状两种。吉林雾凇属于晶状类,它必须在有水汽、气温-25℃以下、不大于三级风的天气里才能形成,正因为形成的条件如此苛刻,才被列为中国的四大自然奇迹之一。听到这里有的团友想问了,为什么能在吉林市形成如此大规模绝妙天成的雾凇奇观呢?这是因为我们吉林市有一条东北三省唯一一条冬天里不结冰的河流——松花江。哦,那位团友问了:“我们刚从哈尔滨过来,为什么那里的松花江是结冰的呢?”这是因为从吉林市沿松花江上溯15公里就是著名的丰满水电站,每到冬季,江水通过巨大的水轮发电机组,水温升高变暖,仍保持在4度左右,所以尽管松花江湖上已是千里冰封,一抹如镜,但湖下的江水却携带着巨大的热能奔腾而下,流过市区几十公里而不封冻。大量的水汽就从这不冻的江面上蒸发出来,遇冷气压而形成难得一见的奇迹般的冬季浓雾,水气借雾气飘飘洒洒,在适时的自然条件下凝结在江两岸的苍松、垂柳上,就形成了举世闻名的雾凇奇观。

  细心的团友已经发现了,今天路两旁的树木和昨天的已经不一样了,昨天还是露着黑黑的树皮,可今天已经变成白色的了,对,这就是树挂,只是由于市区内雾比较少,所以树上只挂了薄薄的一层,比起江堤的景色就要差远了。是不是有的团友已经心急了,想要马上赶到江边呀。早上有的团友问为什么天刚亮就要起来呢,这是因为美丽的雾凇不是每天都会出现,而且观赏也分为三个阶段,叫“夜看雾,晨看挂,待到近午赏落花”。

  “夜看雾”,是在雾凇形成的前夜观看江上的雾景。当夜里10点多时,江面上开始有缕缕雾气升起,继而越来越大,越来越浓,那大团大团的白雾从江面上滚滚而起,不停的向江两岸漂流。有的雾如同一缕缕的细沙,缠绕在江堤老树上;有的雾凇似一朵朵白云,漂浮在空间不动;更多的雾如同棉花团,不停的爬着很高很高的棉花山。此时的松江中路包裹在浓浓的雾中,高楼在雾中忽隐忽现,灯光也变的扑朔迷离,使人仿佛置身于九天之上的凌霄之中。冬雾弥漫江城,也是北国一大奇景。

  “晨看挂”,是早起看树挂。大雾不断地附着在树上,一夜之间,眼前的树木就变成一片银白的林海,棵棵杨柳宛若玉枝垂挂,簇簇松针恰似银菊怒放,江风吹过,银针闪烁,玉菊摇曳;当东方的朝霞将红光投向树林,那千姿百态的雾凇更显得晶莹多姿。雾凇在民间还有一个“梦送”的美名。意思是说人们还在睡梦中,天老爷便送来了漫天洁白无暇的晶莹梨花。正如唐朝诗人岑参所言:“忽如一夜春风来,千树万树梨花开。”

  早起的时候大家能感觉到,今天的天气特别晴朗,空气也格外清新。这大概是因为雾中的水份流动对空气起到了净化的作用,所以我才一早让大家跟我来观赏美丽的树挂,顺便还能呼吸这新鲜的空气。

  很多中外游客看到树挂后都连声赞叹其美丽。1990年1月9日,当时____来吉林市视察时观赏吉林雾凇后,赞叹道:“寒江雪柳,玉树琼花,吉林树挂,名不虚传。”

  雾凇虽然美丽,但是只能维持几个小时,“待到近午赏落花”,就是说树挂的脱落时的情景,一般在上午10点钟左右,树挂开始一片一片脱落,接着是成串成串地往下落。当微风吹起脱落的银片在空中飞舞,明丽的阳光映辉到上面,天空的背景格外湛蓝,雪片在空中开成了五颜六色的雪帘,徐徐飘下,洒落满地洁白。此时漫步于松江路上,阳光下,蓝天白雪飘洒,人们任凭树挂片片落在头上,透过雪帘远望松花江的奔流如练,树立的高楼、流动的彩车和服饰艳丽的游人显得格外的清新精神,冬日里看到的分明是一幅梨花纷飞的春天图画。

  好了,说了这么多,我们也要到达观赏雾凇的最好的地点松江中路了。请大家带好帽子、手套,随我一起走近这美丽的雾凇景观。诸位可以举起你们的照相机,把这雾凇美景拍下来,留在你们的记忆中,因为雾凇奇观不但是吉林的,同时也是属于中国、属于世界的。

吉林雾凇导游词9

  みなさん、こんにちは。

  日光に入って、大自然に入ることを歓迎します。北国江城に来て氷の情の雪の韻を見学します。私は@ガイド社のガイドです。趙銀芝と申します。趙監督、趙さん、趙さんもいいです。どうやって呼んだらいいですか?皆さんと知り合ってとても嬉しいです。

  今日は私達は自分の幸せを頼りにして、自分に幸運をもたらしました。何日か見たことのない樹氷は今朝、枝いっぱいになりました。

  吉林樹氷はその“冬の春”のような詩情画意の美しさで、桂林山水、雲南石林、長江三峡と一緒に中国四大自然奇観と誉められています。私たちは通称「木掛」と呼ばれ、霧と水蒸気が冷遇されて枝葉に凝縮された氷の結晶で、粒状と結晶状の2種類があります。吉林の樹氷は結晶状に属しています。水蒸気、温度-25度以下、三級風より大きくない天気でこそ自然に形成されるのです。形成の条件が厳しいからこそ、中国の四大自然景観の一つに数えられます。

  吉林市街区から松花江に沿って15キロは豊満水力発電所で、冬季の河川の水は水輪の機械を通して、水温が上昇して熱くなります。真冬になると、水輪の機械から流れる水は4℃もあります。水面から湯気が立ち上り、川全体が白霧のように立ちこめて、久しく消えない。川沿いの長い土手、青々とした松が林立して、柳が低く垂れて、川の上で立ち上る霧が冷たい目に遭って世界的に有名な樹氷の景観を形成しました。

  樹氷を観賞して、重んじたのは“夜は霧を見て、朝は掛かることを見て、近い午まで花を観賞します”です。

  「夜見霧」は樹氷形成の前夜、江上の霧を見ることです。夜十時ごろ、松花江では初めから続いて霧が立ち込めていました。ますます濃くなってきました。大団の白霧が川の面からもくもくと立ち上り、両岸に冬の霧を漂わせています。

  「朝見掛」は早起きして木を見ることです。十里の川の堤は黒々として森の木々が一夜にして一面の銀白色になった。ケシのヤナギはまるで玉の枝のように垂れ下がっており,群がっている松の針はまるで銀の菊のように咲き乱れ,きらきらと透明である。川の風が吹いて、銀の針がきらきらと輝いて、菊が揺れています。

  樹氷は民間にもう一つの「夢を送る」という美名があります。人々はまだ夢の中にいるという意味で、空の殿さまが、真っ白で無垢な梨の花を届けてくれました。唐の詩人岑参詩『白雪歌は武判官を北京に帰す』の二句の詩のように、忽は一夜の春風のように来て、千樹万樹の梨の花が咲きます。

  「昼下がりに花を見に行く」というのは、木が落ちた時のことです。一般的には午前10時ごろには、木の飾りが一枚ずつ落ち始め、続いて列になって降りてきます。そよ風に吹かれて落ちた銀片が空に舞っています。明るい陽光が上に照り映え、空には色とりどりの雪のカーテンが形成されています。冬に見たのは明らかに梨の花がちらつく絵だった。

  昔話によると、松花江のそばには老母がいて、夫が早く死んで、三人の娘を育てています。生活には苦労があって、黒も白もない。三人の娘は親不孝で、ボールを押すようにお母さんを押してきて、もてなしもできませんでした。一日娘と二人の娘が三人の娘の家に行く途中、冷たい風がうなり、お母さんはもっと悲しくなりたいです。白髪と涙は風になびき、木につるされて氷になりました。人々は銀杏の枝を見ています。不孝娘を恨む。

  観光客の友達、短い日程はもうすぐ終わります。一夜春風が来たら、千樹万樹の梨の花が咲いた樹氷はあなたを一度も忘れないようにします。散は集いの始まりであり、私たちは再びこの玉樹瓊枝、銀装に世界を包み、再び大自然に足を踏み入れることを願っています。吉林樹氷はその情熱、広い胸で国内外の各界の友達の到来を迎えています。

  ありがとうございました。私の仕事に対する支持と協力をお願いします。

吉林雾凇导游词10

  游客朋友们,大家好!今天我将带领大家去参观吉林雾淞。

  吉林雾淞以其“冬天里的春天”般诗情画意,同钱塘潮涌、泰山日出和黄山云雾并称中国四大气象奇现。隆冬时节,当北国大地万木萧条的时候,走进东北的吉林市,你却会看到一道神奇而美丽的风景。沿着松花江的堤岸望去,松柳凝霜挂雪,黛玉披银,如朵朵白云,排排雪浪,十分壮观。这就是被人们称为“雾淞”的奇观。

  雾淞通称树挂,是雾气和水汽遇冷凝结在枝叶上的冰晶,分为粒状和晶状两种。粒状雾淞结构紧密,形成一粒粒很小的冰块,而晶状雾淞结构比较松散,呈现大的片状。吉林的雾淞就属于晶状。它必须在有水汽、气温零下25摄氏度以下、风力不超过3级的天气里才能形成,而吉林市独特的地理环境恰恰是雾淞的温床。

  从吉林市区溯松花江而上15千米是丰满水电站,大坝上游是平均水深70米的松花湖,数九隆冬松花湖流出的江水仍有4C,江水载着巨大的热能,形成了松花江几十里不冻的奇境。从水面源源不断地蒸发出水气,整个江面雾气腾腾,久久不散。沿江长提,苍松林立,杨柳低垂,在一定气压、温度、风向等条件作用下,江面上蒸腾的雾气遇冷就逐渐凝成了雾淞。每年从11月中旬开始,吉林市就进人冬季,雾凇便开始登场亮相,尤其是每当降雪量大、天气寒冷的年份,雾凇出现的次数就更多。

  中国是世界上记载雾凇最早的国家,古人很早就对雾凇有了许多称呼和赞美。《春秋》上就有关于“树稼”的记载,也有的叫“树介”,就是现在所称的“雾淞”。“雾淞”一词最早出现于南北朝时代宋代吕忱所编的《字林》里,这是1500多年前最早见于文献记载的“雾淞”一词。人们在欣赏雾淞时,都会感到空气格外清新舒爽、滋润肺腑,这是因为雾凇有净化空气的功能。空气中存有大量微尘,危害人的健康。雾凇能吸附这些微尘净化空气。因此,吉林雾凇不仅在外观上洁白无瑕,给人以纯洁高雅的风貌,而且还是天然的大面积的“空气清洁器”。

  观赏雾凇,主要分为三个时段,即夜看雾,晨看挂,待到近午赏落花。

  夜看雾,是在雾凇形成的前夜观看江上出现的雾景。大约在夜里十点多,松花江上开始有缕缕雾气,继而越来越大,越来越浓,大团大团的白雾从江面滚滚而起不停地向两岸飘流。

  晨看挂,是早起看树挂。十里江堤黑森森的树木,一夜之间变成一片银白。棵棵杨柳宛若玉枝垂挂,簇簇松针恰似银菊怒放,晶莹多姿。入冬之后,当一夜之间吉林市松花江边十里长堤满眼玉树琼枝之时,脑子里立刻会涌现这样的诗句:“忽如一夜春风来,千树万树梨花开。”的确,用它来形容吉林雾凇真是再贴切不过了。

  待到近午赏落花,是说树挂脱落时的情景。一般在上午10时左右,树挂开始一片一片脱落,接着是成串成串地往下滑落,微风吹起脱落的银片在空中飞舞,明丽的阳光辉映到上面,空中形成了五颜六色的雪帘。

  雾凇是大自然中较为常见的现象,在许多地方都能看到它的身影,为什么偏偏吉林市的雾淞名声如此之响呢?原来吉林的雾凇厚度达到40至60毫米,远远超过通常为5至10毫米的普通雾淞,据当地多年观测的数据表明,吉林雾淞属雾凇中厚度最厚、密度最小和结构最疏松的毛茸形晶状雾淞,是雾凇家族中最罕见的品种。

  各位游客朋友,除了吉林市内,雾淞岛也是个观赏雾凇的好去处,雾凇岛在松花江向吉林市北流35千米处。在岛的.四周江边,长着不少百年老榆树和柳树,挂上雾凇后就千姿百态,比吉林市里的雾凇更古朴、更自然。请大家尽情地与美丽的雾凇合影留念吧!

  游客朋友们,我们欢迎您再来吉林观赏雾凇。

吉林雾凇导游词11

  吉林雾凇以其“冬天里的春天”般诗情画意的美,同桂林山水、云南石林、长江三峡一起被誉为中国四大自然异景。

  隆冬时节,当北国大地万木萧条的时候,走进东北的吉林市,你却会看到一道神奇而美丽的风景。沿着松花江的堤岸看往,松柳凝霜挂雪,戴玉披银,如朵朵白银,排排雪浪,十分壮观。这就是被人们称为“雾诒的异景。

  雾凇通称“树挂”,是雾气和水汽遇冷凝聚在枝叶上的冰晶,分为粒状和晶状两种。粒状雾凇结构紧密,形成一粒粒很小的冰块,而晶状雾凇结构比较疏松,呈较大的片状。吉林的雾凇就属于晶状。它是在吉林市独特的地理环境中自然形成的。从吉林市区溯松花江而上15公里是饱满水电站,冬季江水通过水轮机组,水温升高变热,每到数九隆冬从水轮机组流出的水仍有4℃,江水载着具大的热能,形成了松花江几十里缓缓流经市区不冻的奇境。从水面源源不断地蒸发出水气,整个江面白雾腾腾,久不消散。沿江长堤,苍松林立,杨柳低垂,在一定气压、温度、风向等条件作用下江面上蒸腾的雾气遇冷凝成了雾冢

  雾凇之美,美在壮观,美在奇荆

  观赏雾凇,讲究的是在“夜看雾,晨看挂,待到近午赏落花”。

  “夜看雾”,是在雾凇形成的前夜观看江上出现的雾景。大约在夜里十点多钟,松花江上开始有缕缕雾气,继而越来越大,越来越浓,大团大团的白雾从江面滚滚而起,不停地向两岸流浪。

  “晨看挂”是早起看树挂。十里江堤黑森森的树木,一夜之间变成一片银白。棵棵杨柳宛若玉枝垂挂,簇簇松针恰似银菊怒放,晶莹多姿。

  “待到近午赏落花”,是说树挂脱落时的情景。一般在上午10时左右,树挂开始一片一片脱落,接着是成串成串地往下滑落,微风吹起脱落的银片在空中飞舞,明丽的阳光照映到上面,空中形成了五颜六色的雪帘。

  传说很早以前,松花江边有一位老妈妈,丈夫死得早,她抚养三个女儿,过日子含辛茹苦,没黑没白的苦干,挣钱养活子,光阴流逝,三个女儿渐渐长大,纷纷嫁出家门,三个女儿出嫁后,孤苦冷清,年弱体迈的老妈妈干不动活,只好轮流到三个女儿家生活,可是三个女儿不孝,象推皮球一样把老妈妈推来推往,且没好招待,一天在大女儿,二女儿赶往三女儿家的路上,冷风咆哮,进夜地冻的老妈妈愈想愈伤心,白发和眼泪随着风飘扬,挂在树上凝聚成冰,形成一条条树挂,人们看着一片片银枝条,不禁想起老妈妈的满头银发,更增加对不孝女儿的恨。

吉林雾凇导游词12

  雾淞,与桂林山水、云南石林、长江三峡同称为中国四大自然奇观。每年的12月到次年2月都是欣赏吉林雾凇的最佳时间,吸引着全国各地的摄影爱好者和旅游者来目睹这一奇观。

  吉林雾凇最佳观赏点

  每年从11月中旬开始,吉林市就算进入了冬季。从这时起,雾凇便开使登场亮相了。尤其是降雪量大、天气特别寒冷的年份,雾凇出现的次数也就越多。

  所以要欣赏最典型最浓重的雾凇还是当属雾凇岛。近年来,一到春节,不知多少影友几百里、几千里甚至上万里来到这里,顶风冒雪赏雾凇,拍雾凇。今年的雾凇时节已经到了,有兴趣的朋友不妨赶往雾凇岛,用身心和镜头一起攫取北国的美丽。

  雾凇岛最佳观赏点

  曾通村在岛上,靠近岛南端江水分流处,形成雾凇机会多,且树木形状好一些。韩屯在松花江东侧岛外,地址靠北,在岛的中部一带。早上过渡口才能看岛上雾凇,否则的话,只能在岛外看边上的雾凇,不过风光也很不错。

  最佳时节:到吉林观赏雾凇的最佳季节是每年的12月下旬到第二年的2月底,这是因为雾凇的形成有它自己独特的环境和条件。

  形成条件:夜里零下20度左右,白天零下5-10度之间,温差越大越好。夜里3点之前起雾,并且无风或有极小的风。最保险的办法就是去雾凇岛之前住在吉林市,半夜3点左右与岛上接待你的家庭旅馆联系。如果此时岛上有雾又没有风或风极小,而且天上繁星密布,那么第二天的雾凇会相当好。你就可以在吉林早早租车前往,太阳刚要升起时登岛。

  吉林去雾凇岛交通

  第一条是土城子方向,是沿松花江西岸向北走。在吉林市长途汽车站(名叫岔路乡,距火车站只有几百米)坐车,全程37公里,行程一个多小时,汽车票价6元(含1元保险费)。车况为普通村路车,普通客车。每天有三班直达曾通渡口的班车,吉林长途汽车站发车时间是8:00、12:20、15:20;曾通渡口发车时间6:20、9:30、13:30。

  第二条是乌拉街方向,是沿松花江东岸向北走。在吉林岔路乡汽车站乘乌拉街车,全程35公里,15分钟一班,票价6元,车况为空调大巴。到乌拉街后有小面包去雾凇岛东渡口的韩屯,面包车票2元。在乌拉街也可打的去韩屯,全程6公里,车价15到20元,全凭砍价水平。顺带说一句,从曾通村到韩屯渡口,大约4公里,步行一个小时。进了屯子你一眼就可看见一杆镶着红牙边的杏黄大旗,上面三个遒劲大字“雾凇岛”,这是吉林市摄影家协会为了接待前来创作的全国各地影友建立的雾凇摄影创作基地,看到这三个字,就意味着你到家了。

  摆渡钱:无论从曾通村渡口上岛还是在韩屯上岛,摆渡费一律10元,出岛无论从曾通渡口出还是从韩屯出,都不用再花钱。本岛人出入岛均不花钱。

  住草房喝烧酒

  如果选择住在吉林市,那可选择的范围很多,各个档次的宾馆、经济型连锁酒店都有。如果选择住在雾凇岛上,就可以感受一下东北原住民生活气息。雾凇岛有草房数间,纸糊的窗户、火烧的炕、报纸糊的墙,虽然条件比不上城市,但吃的是农家风味的饭菜,喝的是东北的玉米酒,有着黑土地特有的豪爽。在柴房烧火准备饭菜,空气中弥漫着农家特有的、好闻的炊烟。房间里有个火炕,盘腿坐在炕上,取暖吃饭,一壶烧酒下肚,困倦和寒冷会跑得无影无踪。这时候,诗人的雅致、哲人的深沉都跑到九霄云外,说话的嗓音也提高了,举起的酒更是一股脑入肚,不由得被朴素的豪爽感染了。会让人忍不住感慨:在严冬里,幸福是什么?就是面前这碗热热的烧酒外加小鸡炖蘑菇。

  第二天一早如果起得来,可以去看日出。清晨的雾凇岛很美,松花江静静地流淌,远处是树干枯的枝桠。由于江水在零度以上,因此江上泛着“蒸气”,风把这些蒸气吹散了,就如同身处仙境一般。

  吉林美食

  吉林地方风味以三套碗、清蒸白鱼、人参鸡、鹿茸三珍汤、荷花田鸡油、白肉血肠、庆岭活鱼为主,其中尤以人参鸡和鹿茸三珍最为有名。这些特色菜肴是每一个到吉林旅游之人必尝之美味。

  吉林购物

  吉林市是东北“三宝”(人参、貂皮、鹿茸)的主要产地之一,在市内河南街上集中了多家这样的商店。吉林还盛产野生中草药,有党参、黄柏、贝母等。当地的著名特产有红景天、林蛙、不老草、灵芝、蕨菜、黑木耳等。也可以选择一些手工艺品,如松花湖浪木根雕、松花湖奇石、树皮画、满族剪纸、吉林彩绘雕刻葫芦、黄柏木刻象棋、泥玩具、绢花、吉林手工彩绘木雕等也不妨看看选选,都是很不错的馈赠亲朋的小礼物,还有一定的收藏价值和观赏价值。

  雾凇岛旅游贴士

  对于摄影爱好者来说,一般在雾凇岛逗留的时间以三个白天两个晚上为宜。第一天早9:00前进岛,可拍雾凇(当然一定要有雾凇),12:00到老乡家安排食宿,吃午饭,休息,16:00在岛上拍日落,开晚饭,休息。次日全天正常拍摄。第三天早拍日出,拍雾凇,中午离岛。

  对于时间紧张只想领略一下雾凇岛美景的人,当天就可从吉林往返于曾通。在吉林坐早8:00的首班车,9:00左右到曾通,刚好赶上雾凇(欣赏雾凇的最好时间段是早9:30—11:00)。中午在农家吃顿午饭,就可赶下午1:30的车回吉林。

  乌拉街满族镇至今仍保留多处古迹和满族古老民俗,有兴趣的人可以顺道去看看。

吉林雾凇导游词13

  観光客の皆様、こんにちは、まずは皆様のご来訪を心から歓迎いたします。今日は光栄にもガイドとして吉林樹氷を見学させていただきます。

  【四大自然の奇観】

  真冬の時、北国の大地は氷で覆われていますが、吉林市では童話のような美しい景色に出会うことが多いです。それは黄山の雲海、泰山の日の出、銭塘の潮流とともに中国四大自然の奇観となった吉林樹氷(一説によると桂林山水、雲南石林、長江三峡)です。昨夜の十里の堤防はまだ寒風の中で揺れていましたが、今日は「一夜の春」の夜の間、松花江両岸の堤防の上は夢のような世界になりました。

  【種類?形成条件】

  樹氷の通称は樹氷で、わが国は世界で初めて樹氷を記録した国です。紀元前、『春秋』に樹氷の記載があり、「樹稼」と呼ばれ、南北朝の時に「字林」は「寒気が凍って玉のように凍り、寒気が凍って玉のように氷結して、(xiēn)が消えることを見て、齊魯は樹氷といいます。これは1500年以上前に出現した「樹氷」という言葉です。後にまたいくつかの呼び方があって、すべて樹氷を指します。

  【形成原理】

  吉林樹氷はどのように形成されましたか?友達に樹氷の形成原因を紹介します。

  吉林市街区から川にさかのぼると、有名な豊満水力発電所で、ダム以上で、有名な国家級景勝地の松花湖です。冬になると、松花湖の湖面は鏡のように見えますが、氷の下の数十メートルの水域にあります。湖水は水力タービンから流れ出し、水温と地面温度は常に30℃ぐらいで、松花江の何十里も凍らない光景を形成しました。水面からわき出して水気を立て、川全体に霧が立ちこめて、久しく消えない。一定の温度、風向きなどの条件の下で霧が冷たくなると樹氷になります。

  【観賞3段階】

  樹氷を観賞して、主に3つの時間帯に分けて、つまり夜は霧を見て、朝は掛かりを見て、近くの午まで落花を観賞します。

  【夜見霧】

  夜見霧とは、樹氷が形成される前夜に川に現れる霧を見ることです。夜十時ごろ、松花江では初めから続いて霧が立ち込めていましたが、だんだん深くなりました。大団の白霧は川の面からもうもうと湧き上がってきました。ネオンの流れるあずまややや楼閣の岸は霧の中でこんがらかっています。

  【朝見掛】

  朝は掛けを見ます。早起きして木のつるを見ます。冬の太陽がゆっくりと昇ってくると、松花江両岸の十里江堤は樹氷でいっぱいになりました。一本の株、一つの列、一つの条。人々を童話のような世界に連れてきた。

  1991年1月9日に吉林市に視察に来て、樹氷を観賞する時、詩の4つを詠みます。「寒江雪柳、玉樹瓊花、吉林樹掛、名に恥じない」の句

  【近くの昼下がりに花を見に行く】

  じゃ、近い昼まで花を見に行きますか?

  樹氷が落ちた時の様子を見るということです。普通は午前9時以降で、日光、そよ風の作用の下で、樹氷は一枚ずつ落ち始めて、続いて串刺しになって下に下ろすので、飛び散る霧氷は人々の肩の上に落ちて、1回の特色があります。

  【クリーン機能】

  樹氷は人に美しい感銘を与えるだけでなく、同時に多くの独特な機能を持っています。

  人々は樹氷を鑑賞する時、空気が格別に清新であることを感じます。これは樹氷のためです。空気中に大量の微塵があり、空気を浄化する役割を果たしています。

  樹氷は都市消音器の役割も持っています。樹氷の結晶構造は結晶構造が緩み、密度が小さいからです。音波反射率が低いので、消音器の役割を果たし、騒がしい都市に静かを与えました。

  【樹氷島】

  吉林に有名な樹氷観賞区の樹氷島があります。樹氷島は吉林市竜潭区烏拉街満族鎮韓屯村に位置しています。市街地から30Km以上離れています。小島の周りには水が含まれています。天然の島です。特殊な地理位置のため、冬の樹氷島の美しい自然、遠くから眺めると、心を込めて黙っている少女のように、霧の中から歩いてきます。特別な地理的位置と魅力的な景色は毎年樹氷島に多くの写真愛好者を引きつけています。

  樹氷島の韓屯村は満族の村落で、島の住民はここで300年余り生活しました。今でもたくさんの満式の庭があります。

  樹氷島の樹氷は普通午後3時以降に落ちます。疲れた人たちは東北の火のオンドルに座って、伝統的な鍋料理を味わっています。

  【近年の実績】

  1991年から、吉林市の政務は樹氷の美しい景色を媒介として、「中国?吉林国際樹氷氷雪節」を開催しました。1995年、第5回「中国?吉林国際樹氷氷雪節」の制作のセットは2枚の中国吉林樹氷切手で、現在は全世界の100余りの国家と地区で発行されています。同時に樹氷を主とする題の書道、撮影、冬季競技の竜舟などは樹氷氷氷雪節に多くの文化内包を加えました。

  【結語】

  霧氷の奇景を見て、民族の風情を鑑賞して、風味の美食を味わって、満族の人と歌を歌ってダンスをしてきっとあなたをこの旅に数え切れないことができます。

TAG标签: 吉林雾凇导游词